〒457-0841
愛知県名古屋市南区豊田一丁目30番1号
メディコート3階
052-698-4152

診療案内

  • TOP
  • 診療案内

当院の診療方針

理 念

私たちは将来を担う子どもたちの健康を守り
心身ともに健やかな成長をはぐくむ医療を提供します

【基本方針】

  1. 子どもの権利を尊重します。
  2. 子どもと保護者の皆様と私たちの信頼関係を大切にします。
  3. アレルギー疾患を中心に子どもの病気の診断・治療・write my paper for me 予防に積極的に取り組みます。
  4. 最新の医学情報を学び、安心・安全・納得がゆく医療を提供します。

専門とする治療

1.小児科外来

■診療時間・・・午前中 9時から12時
※注意:予約の無い方は11時30分までに受付をお済ませ願います。

熱(ねつ)、咳、ぜんめい、鼻水、腹痛、下痢、おうと、急な発疹・水ぶくれ、頭痛など急にあらわれた症状について診察し治療します。

2.アレルギー科外来

■診療時間・・・月・木曜日 14時~18時、火・金曜日 15時45分~18時 土曜日 14時~16時※注意:月・火・木・金曜日の午後診察の受付時間は17時30分までです。(土曜日は15時30分までです)

【気管支喘息(きかんしぜんそく)】

【気管支喘息(きかんしぜんそく)】 

喘息は、咳き込んだり、ゼーゼー・ヒューヒューして息が苦しくなる病気です。発作を止める薬と予防する薬(吸入ステロイド薬、抗ロイコトリエンなど)があ ります。ダニなど原因を取り除く工夫や体力づくりなどが治療の効果を高めます。喘息日誌、ピークフロー、肺機能検査、呼気中一酸化窒素(NO)測定器をつかって適切な治療法をアドバイスし ます。
★専門的検査:①胸部・副鼻腔レントゲンにて副鼻腔炎、肺炎などを鑑別診断します。②フローボリュームによる肺の大きさと息をふく力を判定します。
③呼気中NO検査で気管支の炎症を評価します。
★こんな方は受診してください・・・
Q:風邪をひいたあと、薬を飲んでいても、夜、寝てからの咳がなおりません?
Q:他院で喘息と言われましたが、本当でしょうか?
Q:喘息と診断され、吸入薬をもらって吸っていますが良くなりません?
Q:喘息の気があると言われてました?
Q:喘息の予防に薬を毎日のんでいますが、いったいいつまで飲んだらいいのでしょうか?

【食物アレルギー】

【食物アレルギー】

卵、牛乳、小麦製品などを食べて、皮ふにブツブツが出たり、せき・ぜーぜーしたり、はいたりする病気です。血液検査(IgE抗体)、皮膚テスト、外来での食物経口負荷試験による正確な診断と原因食物の適切な除去指導を行います。 IgE抗体が陽性=食物アレルギーではありません。管理栄養士による具体的な除去食指導により、栄養のバランスを考えた栄養指導アドバイスを行います。

○「おいしく治す 食物アレルギー攻略法」
(伊藤浩明先生監修の下、あいち小児保健医療総合センター アレルギー科で実際に使用している資料をまとめた資料編と解説編)を活用して食べられる食物アレルギー診療を心がけております。)
★当クリニックの方針は、「食べられるところまで食べながらなおしましょう」です。また、アナフィラキシーの治療に欠かせない「エピペン」注射指導を行います。
★食物アレルギー緊急対応マニュアル(名古屋市2014年1月版)を掲載しましたので、是非ご覧ください。こちら ≫(PDF) からダウンロードしてください。
★保育所・園、学校へ提出する書類:食物アレルギー管理指導表こちらからダウンロード≫(PDF)を記載ご希望の方は、事前にお電話でご相談願います。

○「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」の解説(小児科医向け、患者・一般の方向け)について」(日本小児アレルギー学会 2017年10月12日)

乳児アトピー性皮膚炎患者に対する卵の食べさせ方についてお知らせがあります。一度お読みください。
こちら≫(PDF) からダウンロードしてください。

★こんな方は受診してください・・・
Q:湿疹で受診したクリニックでアレルギーの検査をしました。IgEの数値が高いから、卵、牛乳を除しなさいと言われました。いつまで除去したらいいのか説明がありません?
Q:アレルギーを予防するためジルテック、オノン、漢方薬を処方され飲んでいます。いったいつまで飲んだらいいのでしょうか?
Q:じんましんで受診したクリニックで、卵、小麦のIgEが陽性でした。原因かもしれないから除去しろと言われました。いままで食べていても平気だったのに?
Q:アトピー性皮膚炎と診断されました。先生からIgEが高い卵、牛乳、大豆を除去しろと言われましたがよくなりません?・・・ 

【アトピー性皮ふ炎】

【アトピー性皮ふ炎】

食べ物やダニなどのアレルギーが原因で、かゆくて、治りにくい湿疹(しっしん)が続く病気です。皮ふのバリアーが弱いため、細菌やウイルス感染がさらに湿疹を悪くします。適切なステロイド外用薬・保湿剤や免疫抑制外用剤(プロトピック)によるアクテイブ・プロアクテイブスキンケアー、抗ヒスタミン薬内服などの薬による治療と原因の除去をアドバイスします。

★当院の取り組み・・・
小児アレルギーエデユケーターの資格を持った看護師が中心となり、スタッフによる「スキンケア―教室」を行っています。皮膚炎でお悩みの方は是非ご相談願います。

【アレルギー性鼻炎・花粉症】

【アレルギー性鼻炎・花粉症】

ダニ、ほこり、花粉(スギ、かもがや、ブタクサなど)が鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)の原因となります。原因の特定とその除去対策を指導します。そして副作用の少ない抗ヒスタミン薬・ロイコトリエン拮抗薬やステロイド点鼻薬で治療します。

★舌下免疫療法(スギ花粉症「シダントレン」、ダニアレルギー)のご相談もお受けしております。

★アレルゲン免疫療法

スギ舌下免疫療法のお知らせ2014年11月13日よりスギ舌下免疫療法の実施可能施設に登録いたしました。是非、実施されたい方は、まずパソコンにて、「アレルゲン免疫療法.jp」を検索いただき、ホームページの情報をご理解いただきたくお願いいたします。
受診前に、以下の点を自己チェックいただきたくお願いいたします。
□シダトレンによる治療の対象は、満12歳以上の「スギ花粉症」の患者さんです。
□診断には問診が重要です。毎年スギ花粉飛散期に、くしゃみ、鼻のかゆみ、鼻漏、鼻閉の典型的鼻症状を有し、時として目のかゆみ等の眼症状を伴う場合、スギ花粉症である可能性が高くなります。
□当院では、既往歴や合併症に「気管支喘息」が無い方を対象とます。
□患者さんの状態によっては、シダトレンによる治療が受けられない場合や、治療に際し注意が必要な場合があります。シダトレンによる治療が受けられない患者さんには、他の治療法をご提案します。

2014年11月12日 clic

 

【じんましん】

【じんましん】 

蚊(か)に刺されたように皮ふが赤くはれたり、ブツブツした発疹(ほっしん)が出て、かゆい病気です。食べ物以外に、ストレスやかぜなどの感染症、ひっかいたりする機械的刺激(皮膚描記症)が原因で起こります。原因の診断と抗ヒスタミン薬やステロイド外用薬・保湿剤をつかって治療します。

【長引く咳】

【長引く咳】

かぜをひいてから4週間以上続く咳は、喘息、副鼻腔炎(ちくのう症)、マイコプラズマ肺炎、百日咳なども原因として考えられます。血液検査、胸部・副鼻腔レントゲン、鼻汁検査を行い診断します。
その他、「アレルギー検査をしてほしい」という方もどうぞご相談ください。

3.乳児健診、予防接種

母子手帳を必ずご持参願います。

★推奨されれるワ同時接種スケジュール
NPO法人「VPDを知ってこどもを守ろうの会」で公表されている、0歳用ワクチンスケジュール(PDF)と小児期全般のワクチンスケジュール(PDF)をご覧ください。
【お願い】アレルギー科外来、予防接種では前もって問診票を記入いただくと診療がスムーズになります。 こちらのページより印刷してご利用ください。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

施設・設備

受付

■受付
スタッフが笑顔でお出迎えいたします。何でもご相談ください。

待合室

■待合室
あたたかみのある待合室でリラックスしてお待ちいただけます。
また、カラフルな椅子やお子さまが好きな絵本をご用意しています。

診察室入口

■待合室から診た診察室入口
診察室はトビラに番号と色で解りやすくご案内しています。 ①オレンジの診察室:食物負荷試験・健診の測定・管理栄養士による栄養指導を行います。 ②緑の診察室:医師が主に診察する部屋です。

個室待合室

■個室待合室
個室待合を用意し、おたふくかぜ、水痘、はしか、ふうしんなど、強い感染症のお子様が接触しないよう配慮しています。

診察室

■診察室
診察室の中へ入っていただきますと、壁の色がトビラの番号の色に合せてあります。緑、オレンジ、黄色、青、空色です。

処置室

■処置室
こちらでは様々な処置を行います。付き添いでお座りいただけるよう、椅子もご用意いたしております。 

吸入コーナー

■吸入コーナー
当クリニックでは吸入療法をおこなう「吸入コーナー」を設けております。

点滴コーナー

■点滴コーナー
プライバシーに配慮した点滴コーナーがあります。こちらの部屋からは新幹線が見えるので、電車が好きなお子様に喜ばれます。

NIOX-VERO

■新しい呼気NO測定器:NIOX-VERO
呼気NOを測定します。気管支喘息のお子さんは高くなるので診断や薬の効きぐあいを判断することに有用です。最新のNIOX VEROにて測定します。(2016年1月22日)

待合室

■待合室
自動血球計数装置
白血球数・赤血球数・血小板数が測定できます。 その結果、炎症性疾患や貧血などを短時間で判断する役割を担います。

レントゲン

■レントゲン
X線(レントゲン)装置で身体の内側を撮影し、病気がないかを検査します。可愛いキャラクターたちがお子様を勇気付けてくれます。

電子カルテと肺機能検査器

■電子カルテと肺機能検査器

当クリニックでは、電子カルテを導入しており、スムーズ且つより分かり易い診察を受けていただけます。
肺機能検査は、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査です。
この検査により、いち早く肺の病気を気づくことが出来ます。
その他、血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーター、血糖値測定器を常備しています。

StatVein

■StatVein

赤外線で血管を簡単に映し出す器械です。
小さなお子様などの採血・点滴に威力を発揮します。

連携病院

大同病院
中部ろうさい病院
名古屋市立大学病院
社会保険中京病院
日本赤十字社名古屋第二赤十字病院
あいち小児保健医療総合センター
坂文種報徳會病院
名古屋掖済会病院