〒457-0841
愛知県名古屋市南区豊田一丁目30番1号
メディコート3階
052-698-4152

5~11 歳新型コロナワクチン接種予約中:午後お電話ください

  • TOP
  • [カテゴリー: お知らせ]
  • 5~11 歳新型コロナワクチン接種予約中:午後お電話ください

5歳から11歳の新型コロナワクチン接種

ご質問は、まず「新型コロナワクチンQ&A」をご覧願いいます。午後からお電話ください。

  • 接種対象年齢
    接種する日の年齢が満5歳以上11歳以下でクーポン券が届いている方

    小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。
  • 「ファイザー」社のワクチンを使用しています。1回目・3週間後に2回目を確実に来院できる日時で予約してください。有効成分の量は、12歳以上で接種する量の3分の1になります。
  • ワクチン接種に伴う痛みのため迷走神経反射がおこり倒れる場合もあります。必ず保護者の付き添いをお願いします。
  • 原則、名古屋市の住民票がある方の接種になります。
  • 接種日 詳細な時間は午後電話にて問い合わせください。
  • 集団接種や他の医療機関ですでに予約を取っている方は予約できません。
  • 新型コロナウイルスに感染した方は、治癒(治って隔離解除された日)から90日間以上開けることをおすすめします。
  • 都合が悪くなった場合は早急にご連絡ください。万が一、ご連絡なくキャンセルされた場合は、次のキャンセル待ちの方に接種権利が移行します。

接種当日の持ち物と服装・マスク着用のお願い

  1. クーポン券
  2. 新型コロナワクチン接種の予診票(クーポン券と同封)
  3. 健康保険証・こども医療証(ワクチン接種後に何らかの副作用で治療が必要な場合は、保険でまかないます)
  4. 当院の診察券(既に持っている方) 
  5. 母子手帳(必須) 母子手帳は唯一お子様のワクチン接種歴を記録しているものです。正当な理由なく持参されない時は接種をお断りします。
  6. 上腕の肩に近いほうが出しやすい服装でお越しください。(右利きの方は左肩筋肉に注射します)
  7. 待合室ではマスクを着用して静かにお待ち願います。

接種に関する注意事項

当日、以下の場合は接種できません。

  1. 明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。
  2. 重い急性疾患にかかっている方
  3. ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状の既往歴のある方)

ワクチン接種後の注意

  • ワクチン接種後15~30分はクリニック待合室で経過観察いたします。
  • 接種部位は揉まないでください。
  • 経過観察中は周囲とは会話せず、お静かに安静にしてください。
  • 体調に異常が現れた場合は直ちに近くのスタッフにお声かけください。
  • 接種当日の入浴は可能です。運動やアルコールは控えてください。

ワクチンの効果

  • ワクチン効果は9095%あるとされています。重症化予防の効果もあるとされています。
  • 1回目接種後2週間ぐらいから効果が出始めて、2回目接種1週間ぐらいに十分な免疫ができるとされています。
  • 長期間の効果や変異株への効果に関してはまだはっきりしていません。

副反応

まれに、アナフィラキシーなどの強い副反応がありますが、接種後30分以内に発症することがほとんどです。

  • 多く発生する副反応として、接種部位の腫れや痛み、倦怠感、頭痛、筋肉痛、発熱などがあります。
  • 接種部位の腫れや痛みは80%以上で発生します。(1回目、2回目とも)
  • 倦怠感、頭痛、筋肉痛、発熱等の全身症状は、1回目接種時より2回目接種時に多く発生します。倦怠感、頭痛は2回目接種時では約6080%、発熱は2回目接種時では約30%発生します。
  • ワクチン接種による心筋炎の報告がありますが治療可能です。また、コロナウイルス感染による心筋炎の報告があり、ワクチン接種による利益の方がはるかに有益であると考えられます。
  • ほとんどが当日から翌日に現れ、12日で次第に軽快します。
  • 長期間の副反応に関してはまだ明確ではありません。
  • 3日以上しても軽快しないときは当院電話応対時間内にご連絡下さい(電話 052-698-4152)。水曜日・休日・診療後(夜間)は大同病院(052-611-6265)または中京病院(052-691-7151)へお電話しご相談願います。

接種を受ける場合の同意について

  • 新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクの双方についてしっかり情報提供が行われた上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただいています。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。
     幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
  • なごや新型コロナウイルスワクチン子ども相談窓口
     対象者ご本人・保護者の方が接種を検討されるに当たり、ワクチン接種のメリット(発症予防等)とデメリット(副反応等)を十分にご理解いただくため、専用の相談窓口「なごや新型コロナウイルスワクチン子ども相談窓口」を設置しています。
    ○電話番号:050-3205-1661 〇開設時間:午前9 時00 分~午後5 時30 分(土日祝日を含む。)

新型コロナワクチンの有効性・安全性に関する情報厚生労働省のHP(新型コロナワクチンQ&A)をご覧ください。以下は抜粋です。

【5歳~11歳へのワクチンの効果】ファイザー社のワクチンは、5~11歳の小児においても、デルタ株等に対して、中和抗体価の上昇や発症予防効果が確認されています。米国で5~11歳を対象に実施された臨床試験の結果によると、2回目の接種から1か月後の血清中の新型コロナウイルスに対する中和抗体価や抗体応答率(抗体価がベースライン値(1回目接種前)から4倍以上に上昇した被験者の数)は、別の臨床試験で有効性が確認されている16~25歳におけるワクチン接種後の中和抗体価や抗体応答率と比較して非劣性(劣っていないこと)が示されています。すなわち、5~11歳でも、16~25歳と同程度に抗体価が上昇し、有効性が評価できるとされています。

また、中和抗体価の確認後に行われた解析において、新型コロナウイルスに感染歴の無い人を対象に、2回目接種後7日以降の発症予防効果を確認したところ、90.7%であったことが報告されています。

これらのデータはオミクロン株が流行する前のものであり、小児における、オミクロン株に対するエビデンスは必ずしも十分ではありませんが、新たな知見が得られ次第、速やかにお知らせしてまいります。

5歳~11歳へのワクチンの副作用12歳以上の方と同様、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等、様々な症状が確認されていますが、殆どが軽度又は中等度であり回復していること、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。

臨床試験では、12歳以上と同様、2回目接種時の方が1回目接種時より発現頻度が高かった症状も多く、また、接種後1か月間では、頻度は低いものの、リンパ節症(リンパ節の腫れや痛み等)も報告(0.9%)されています。ただし、リンパ節症については、12歳以上においても発現している症状であること、例えばファイザー社の追加接種に係る臨床試験においても、ほとんどの場合が軽度であり、発現後短期間で症状が治まっていることが確認されています。

米国で実施された、ワクチン接種後の様々な症状に関する解析結果によると、5~11歳の男性においても、2回目接種時に心筋炎が報告されています。しかし、その報告頻度は12~15歳及び16~17歳の男性と比較して低かったことが確認されています。

【接種後に子どもが副反応等で体調を崩した場合、保護者は仕事を休んでも大丈夫でしょうか。】

企業によっては、このような場合に活用できる休暇制度を設けている場合があります。小学校就学前であれば、育児・介護休業法における子の看護休暇の取得を申し出ることも考えられます。また、年次有給休暇の利用目的は限定されていません。子どもへのワクチン接種等のため仕事を休む必要があると考えられる場合は、あらかじめ、職場によく相談しておくことをお勧めします。

【なぜ小児(5~11歳)の接種は「努力義務(接種を受けるよう努めなければならない)」ではありません】

小児用のワクチンは、臨床試験等から有効性や安全性が確認されていること、海外でも広く接種が進められていること等を踏まえ、日本でも接種が進められることになっています。しかし、小児については、現時点において、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないことも踏まえ、小児について努力義務の規定は適用せず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、改めて議論することが適当であるとされました。

国立成育医療センターで行われた「コロナ×こどもアンケート」より

第6回「コロナ×こどもアンケート」は2021年9月13日から2021年9月30日の期間に、全国のお子さま1,271名、保護者5,807名、計7,078名の方々にご協力いただきました。この中で「新型コロナウイルスワクチンを接種できるようになったらすぐに受けたいか?」という質問に対して 

・小学生のこどもの55%、中学生以上のこどもの72%が(とても・どちらかというと)受けたいと回答しました

・小学生のこどもの38%、中学生以上のこどもの24%が(まったく・どちらかというと)受けたくないと回答しました。

てらだアレルギーこどもクリニック 院長(2022年2月23日)

5~11 歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方 (日本小児科学会 予防接種・感染症対策委員会 2022 年 1 月 19 日を転載) 院長

1. 感染状況とワクチンに関する知見①

国内における 5~11 歳の新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)症例の大多数は軽症で すが、感染率が同年代人口の 1~2%にとどまるなかでも、酸素投与などを必要とする中等症例 は散発的に報告されています ①。今後、全年齢において感染者数が増加した場合には、ワクチ ン未接種の小児が占める割合が増加し、小児の中等症や重症例が増えることが予想されます。

2) 2 歳未満(0~1 歳)と基礎疾患のある小児患者において重症化リスクが増大することが報告さ れています ②。

3) 長期化する流行による行動制限が小児に与える直接的および間接的な影響は大きくなっていま す。

4) 国内で 5~11 歳を対象とする接種への承認申請が出されているワクチンは、現時点ではファイ ザー社製のみです。同ワクチンは従来のワクチンと比べ含有される mRNA 量が 1/3 の製剤で、 使用に際し注意が必要です。海外では、5~11 歳の小児に対する同ワクチンの発症予防効果が 90%以上と報告されています ③が、新しい変異ウイルス(オミクロン株など)への有効性を示 すデータは十分に得られていません。

5) 米国では、2021 年 11 月 3 日~12 月 19 日までに 5~11 歳の小児に約 870 万回のファイザー社 製ワクチンが接種され、42,504 人が自発的な健康状況調査(v-safe)に登録されました。2 回接 種後、局所反応が 57.5%、全身反応が 40.9%に認められ、発熱は 1 回目接種後 7.9%、2 回目 接種後 13.4%に認められました④。

6) 上記と同期間に、米国の予防接種安全性監視システム(VAERS)には、4,249 件の副反応疑い報告 がありました。このうち 97.6%(4,149 件)が非重篤でした ④。重篤として報告された 100 件 (2.4%) の中で最も多かったのが発熱(29 件)でした 4)。11 件が心筋炎と判断されましたが、 全員が回復しました ④。

7) 5~11 歳の小児では 16~25 歳の人と比べて一般的に接種後の副反応症状の出現頻度は低かった と報告されています⑤。

2. ワクチン接種の考え方

1) 子どもを COVID-19 から守るためには、周囲の成人(子どもに関わる業務従事者等)への新型 コロナワクチン接種が重要です。

2) 基礎疾患のある子どもへのワクチン接種により、COVID-19 の重症化を防ぐことが期待されま す。基礎疾患を有する子どもへのワクチン接種については、本人の健康状況をよく把握してい る主治医と養育者との間で、接種後の体調管理等を事前に相談することが望ましいと考えま す。

3) 5~11 歳の健康な子どもへのワクチン接種は 12 歳以上の健康な子どもへのワクチン接種と同様 に意義があると考えています。健康な子どもへのワクチン接種には、メリット(発症予防等) とデメリット(副反応等)を本人と養育者が十分理解し、接種前・中・後にきめ細やかな対応 が必要です。

4) 接種にあたっては、接種対象年齢による製剤(12 歳以上用と 5~11 歳用のワクチンでは、製 剤・希釈方法・接種量が異なります)の取り扱いに注意が必要と考えます。また、集団接種を 実施する場合においても、個別接種に準じて、接種前の問診と診察を丁寧に行い、定期接種ワ クチンと同様の方法で実施することが望ましいです。 より詳細なデータが出た時点で、接種に対する考え方について随時検討する予定です。

引用文献

①. Shoji K, et al. Clinical Characteristics of Hospitalized COVID-19 in Children: Report From the COVID-19 Registry in Japan. J Pediatric Infect Dis Soc. 2021 Dec 31;10(12):1097-1100.

②令和2年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事 業・一類感染症等の患者発生時に備えた臨床的対応に関する研究(研究代表者加藤康幸)診療の手 引き検討委員会:新型コロナウイルス感染症 COVID-19 診療の手引き第 6.0 版

③ Walter EB, et al: Evaluation of the BNT162b2 Covid-19 Vaccine in Children 5 to 11 Years of Age. N Engl J Med 2022; 386:35-46

④Wkly Rep. 2021 Dec 31;70(5152):1755-1760.

➄Woodworth KR, et al.: The Advisory Committee on Immunization Practices’ Interim Recommendation for Use of Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine in Children Aged 5–11 Years — United States, November 2021.MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2021 Nov 12;70(45):1579-1583

コメントは受け付けていません。